経営理念 | 会社情報 | 商品案内 | SDGs | ZEB(ゼロ・エネルギー・ビル) | スマート林業 | ドローン | 採用情報 | アクセス | グループ企業
HOME > スマート林業 ≪BACK
 
 
スマート林業
スマート林業におけるICT技術をご提案
資源量把握・境界明確化・木材検収に対応可能

 
  → スマート林業とは  
 
 
   林業は、広大な森林を対象とし、造林から育成まで長い年月をかけて、重量のある木を収穫するという特徴を持った産業です。
 今後、国内の労働人口は減少することが予測されています。
 林業においても例外ではありません。

 そこで、ICT技術を駆使して行うスマート林業に注目が集まっています。
 ICT技術により、一人当たりの生産性を向上させると共に、労働安全の確保、雇用形態の安定化などによる担い手の確保・育成が重要となっています。
 
  スマート林業におけるICT技術をご提案
資源量把握・境界明確化・木材検収に対応可能
 
  スマート林業におけるICT技術をご提案  
 
 
  資源量把握・境界明確化・木材検収に対応可能です。  

 → 3次元レーザースキャナーによる資源量調査

 
3次元レーザースキャナーによる森林解析
 
 今後の森林資源利活用のため、森林内の資源量調査が必要です。弊社では、3次元レーザースキャナーを用いて、森林調査に必要な情報(樹高・胸高直径・矢高・材積等)を取得いたします。
 林内の計測結果を視覚化することが可能となりますので、机上での確認も容易に行えます。
 弊社スタッフにて調査業務から資源量の解析まで承ります。
 
 ウォークスルーで可視化される林内
高さ10cmごとに推定される幹直径と幹形 地形データをもとにした等高線図/ポリゴンメッシュによる地形表現

 → ドローンによる資源調査

弊社にて撮影から分析まで承ります!
  空からの立木調査
   昨今のドローン測位精度の向上、ならびに解析ソフトとの併用により多様な情報の取得が可能となってきています。
 ドローンの長所である「機動力」「画像鮮明度」を林業に応用し、毎木調査による立木本数・樹高等を用いた「材積算出」、「境界認識」等の幅広い活用が可能となります。
画像解析技術による数値化  
 点群データから樹木先端を抽出し、フィルタリングにより地表面からの樹高を自動で計算します。
 また林小班などのデータを加えることにより、林小班や樹種別に分けた集計が出来ます。
 現況では時間がかかり困難である「毎木調査」や、「境界確認」の大幅な省力化が可能です。
 
 
路線計画   傾斜メッシュ
  路線の線形データから仮設道路を検討できます。
 事前ルートの確認や重機の3Dモデルデータを配置することにより工事前の計画を簡単に可視化できます。
    傾斜に合わせた着色や傾斜方向を矢印で表示できます。
 点群データを使い傾斜分析をすることで、災害時における水や土砂の流れ方向の分析等に役立てることが出来ます。
 
→ 林地台帳情報管理システム

市町村の事務支援をサポートします!
 森林法改正に伴う、 林地台帳及び地図の「公表・更新・情報提供」等の市町村に求められる事務支援が行えるシステムです。
 
1. 台帳データ参照機能 2.地図情報による管理機能


●林地台帳/森林簿データの参照
●各種台帳項目の検索機能
●森林所有者の修正・更新機能
●林地台帳地図/森林計画図の参照
●航空写真/地形図データの閲覧
●着色機能(樹種、林齢など)
3.公表、情報提供機能 4.セキュリティ機能


●公表様式への対応機能
●電子データによる情報提供機能
●システム起動時のパスワード設定
●公表時の個人名のマスク機能
  

林地台帳の閲覧・修正 地図情報による着色機能
台帳情報修正/履歴管理 台帳情報修正/履歴管理
 
→ 森林用現地調査支援システム
ー林内での今どこ?を解決!ー
 森林情報(施業図・林地台帳・地籍情報・森林簿)をタブレット端末とディファレンシャルGNSSとを連携させることで、現地確認作業の効率を大幅に高めることができます。

GNSS
による高い位置精度により
林内での自位置を把握!

境界確認を容易に行えます!

立木調査機能 トレッキングルート表示
 GNSS

→ 木材検収システム

簡単操作で検収作業にかかる時間を
大幅に短縮
モバイルプリンターでの印刷にも対応!
 3つの入力機能で検収作業をサポート
ディープAI画像認識
素早く検収
 スマートフォンで撮影した写真から木材を認識し、径級サイズを割り当て、素早く本数・材積確認を行います。ディープラーニングを取り入れることで認識能力を大幅に向上させました。
タップ入力 5つの特徴
●樹種、材長入力後、径級をタップするだけ
●検収途中でも材積確認可能
●直前タップ箇所を濃い色で表示
●同一径級の一括入力にも対応
●樹種、材長、所有者、出荷先など個別に集計可能
音声入力 機能搭載
  読み上げた径級を自動認識します。認識した径級はイヤホンからオウム返しされるので都度確認ができます。
オフライン環境下での利用も可能
 【外部リンク】 株式会社ジツタ
※サイト外リンク≫株式会社ジツタ ↑
 
→ お問い合わせ
 
 久永情報マネジメント株式会社
  お気軽にご相談ください
 Tel:099-225-1500
 プロジェクト支援グループまでご連絡ください。
 定休日 土曜・日曜・祝日/受付時間 9:00~17:00
▲TOPへ

経営理念 | 会社情報 | 商品案内 | SDGs | ZEB(ゼロ・エネルギー・ビル) | スマート林業 | ドローン | 採用情報 | アクセス | グループ企業

Copyright(C) Hisanaga information management Co.,Ltd. AII Rights Reserved